日々の情けない愚痴と料理の特番に変更。


by okikenkai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

レシピ19

名前:ミッチ投稿日:2004/12/31(金) 01:43

さて、今日はあいさつ回りで忙しく廻った後、とても作りたかった一品を。

ポルケッタ(豚の香草焼)

材料
三枚肉大きく平たいヤツ1kg
ニンニク3カケ、ローズマリー二本、セージ4枚
塩,コショウ。ジャガイモ2個

豚肉の皮を剥ぎ取り、三枚肉の脂身部分を削ぎ落とす。

平たくした豚肉にフォークで何度も突き刺して穴をあける。

摩り下ろしたニンニクを刷り込み、塩コショウを多めに振る。

削ぎ落とした脂身を小さく刻みんでおく。
みじん切りにしたローズマリーとセージを肉に乗せる。
刻んだ脂身を乗せ、巻寿司のようにまく。

蛸糸で形を整え、表面に塩を振り、下には3cm角で切ったジャガイモを敷き、オリーブオイル
を振り掛ける。

180度のオーブンで45分焼く。

2cmほどにスライスしてジャガイモを添えて出来上がり。
コレがまじで美味い。
うーむ、こんなシンプルな材料で・・・・。
出来上がりは1:40でしたw
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:09

レシピ18

名前:ミッチ投稿日:2004/12/28(火) 00:26
今日は職場でお好み焼き作った。
んで余ったネギとキャベツのみじん切りを生かしてなにか?
と考えて、最近石垣島ラー油を手に入れたのでそれをも生かして?

で、想像で作ったチヂミ を作ってみましたw

卵2個、小麦粉100g、水適当に。
塩、醤油、カツオ出汁の元、刻んだキムチ、キムチの漬け汁を混ぜる。
ネギとキャベツのみじん切り、そこら辺にあった桜海老をくわえる。
ネギとキャベツの比率の方が多目で作った方が美味しいよ。

タレは醤油、石垣島ラー油、酢少々、砂糖少々

かなりウマーでした。オヤヂ様も気に入ってぺろりと食べてくれました。
味の決め手はキムチの酸味だったなー。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:09

レシピ17

名前:ミッチ投稿日:2004/12/27(月) 23:54
こないだ祭を行ったので、その際のメニウいくつかリストアップ。

○ラムチョップのロースト、バジルクリームソースかけ
○簡単リゾットトマト風味
○蛸とホタテのマリネ、バルサミコソースかけ

ラムは骨付きね。フライパンで軽く焼き色をつけます。
そのまま180度のオーブンで5分間焼いちゃいます。
焼き終わったら温かくなったオーブンの中にいれたまま、開けっ放しで
5分入れておきます。
そーするとラムの火の通りが奇麗にロゼになります。肉は柔らかくジューシー。

バジルクリームソースはジェノヴェーゼの松の実とパルミジャーノ多めで
ジューサーにかけると出来上がり。バジルを凍らせて冷やしたままやると
奇麗に乳化してくれます。そーするとモッタリ感がでて、手づかみでラムを、
ざっとソースにくぐらせてもったりしたソースがくっついたままガブリといけます。
カナリグー。

リゾットは詳述済み。

蛸とホタテのマリネ。
蛸とホタテは同じ厚さにスライスします。
スライスしたら塩コショウ少し多目、オリーブオイル、レモン汁多目で
混ぜて冷やしておきます。

次にセロリとタマネギをスライスし、塩を振ってしばらくしたら水に流し、
軽く洗った後にしっかりと絞ります。

ホタテと蛸の間にはさみ、重ねておきます。

バルサミコソースは市販のバルサミコの普通のヤツを50ccほど三分の一まで煮詰めたら、
癖の少ないハチミツを大さじ一杯くわえ、さらに三分の二まで煮詰めます。
塩コショウで味を調えて出来上がり。今思えばフォンドヴォーを少しくわえるべきだった。


重ねた蛸とホタテとセロリたちの上からかけると美味。

年末は料理する機会が多くて楽しい。
ホントはウズラ料理を作りたいのだが、なかなか手にはいらん・・・。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:08

レシピ16

名前:ミッチ投稿日:2004/12/20(月) 19:39
至福の時に迷わずカキコ

バジルちゃんの第二回収穫が終わったので、冷凍保存していたヤツを
使って何か?とやってみました。

トマトとバジルとニンニクのパスタ(安上がり風)
材料:
トマトは98円のカットトマト一缶
バジルは収穫したバジル10枚ぐらいかな?
ニンニク15カケ
アンチョビフィレ1.5枚
オレガノドライ少々
塩少々


パスタを1%ほどの塩分で茹でる。茹で上がりは少し硬めに。

オリーブオイル大さじ5杯にニンニクを真ん中の心を抜いて(臭みとゲップのもと)
弱火で茹でる。甘さを引き出し、旨味を出す。
色づいてきたらアンチョビフィレを入れて、オイルの中に溶かす。
旨味をつけるね。

カットトマト一缶をジュースごといれ、しばらく煮て酸味を飛ばす。
オイルとトマトが一体感が出て、酸味をある程度飛ばしたら叩いて
少しペースト状になったバジルを加える(冷凍しておくと容易)。
さらにドライのオレガノを少々くわえる。

軽く混ぜたところで塩で調味。パスタの茹で汁を強めにしたら味も薄めね。
隠し味に甜菜糖を小さじ2加える。ひと煮立ちしたらパスタを加える。
軽く混ぜて出来上がり。
食べるときはパルミジャーのすりおろしをお好きなだけ。

絶品!いやぁ、我ながら美味いw!かなり満足して、二人分食べてしもうた。

終わったら大好きなカルピスグイー( ´∇`)ノ旦
昼青汁豆乳とバナナ一本だから出来るこの高カロリーw
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:08

レシピ15

名前:ミッチ投稿日:2004/11/05(金) 00:03
毎日が新しい発見。
色々気づく見えるものがある。
分からないと思ってるのは・・・かな。

昨日の続き。トマトクリームリゾット

生米1・5合、タマネギ1玉、ニンニク3カケ、ホールトマト実二つ
牛乳150cc、
ブイヨン900ccぐらい。(セロリ、とりがらスープの元タマネギスライス5枚、
ローリエ、ニンニク2カケ)

ニンニク、タマネギをオリーブオイルで炒め、透き通ってきたら生米を投入。
透明になってきたらブイヨンを加えて沸々と沸騰させ、少しずつ飛ばし少しずつ
ブイヨンを加える。
決して混ぜ混ぜしない。揺するだけ。
ブイヨンは薄味に作っておく。

火加減を中火より少し強くし、じっくり繰り返す。
火が通ってアルデンテになってきたらホールトマトを潰して漉して入れる。
混ぜたら牛乳を入れる。
サッと混ぜ、火を通したら火を落としてからパルミジャーノの摩り下ろしを
大さじ一杯くわえて混ぜる。

魚のスープに添えて、スズキのソテーを乗せて出来上がり。

前に比べて格段に味がよい。塩加減だなぁ・・・・。
我ながら良い出来だった。

友人たちも大満足。次のメニューにチャレンジしてみようかな。
次はなににしようかな。考えてると楽しい。
友人がグアンチャーレを手に入れたらしいので、それでなにを作るか考え
てみようかな。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:07

レシピ14

名前:ミッチ投稿日:2004/11/03(水) 23:54
昨日は友人たちと食餌会。といってもおいらが作る係w
作ったのは2品。

☆豚肉のブルギニオンこぐま風(牛が高かったからw)
☆タイのスーププロヴァンス風トマトクリームリゾット添え

魚のスープは前に書いたので書かなくていいかな。
茹でる代わりに180度のオーブンで30分やったぐらい。
あとはほぼ一緒。

豚肉のブルギニオンこぐま風:5人前

材料&工程

マリネ液:三枚肉1kg、人参1本、タマネギ1玉、セロリ1本、白粒胡椒一つまみ、
      赤ワイン1本、オリーブオイル大さじ2
○豚肉の皮を剥ぎ、脂身を少し整形して3cm×5cm×4cmぐらいの大きさに
  切りそろえる。野菜は全て同じ大きさに切りそろえる。豚肉と野菜を
  赤ワインに漬け込み、白胡椒を一つまみいれて24時間冷蔵庫で漬け置く。

  24時間経ったら全て分けておき、肉と野菜からワインを切る。ワインは取り分けて
  置く。あとで沸騰させてアルコールを飛ばし(ココで飛ばさないと苦味が出る)
  漉して使う。
 
炒め段階:小麦粉大さじ3、トマトピューレ大さじ3、マリネ液の赤ワインを沸騰
      させ漉したもの
○ 豚肉を少量の油で炒め、余分な油を落とす。旨味はフライパンにこびりついているので、
   それは少量の赤ワインでデグラッセしてとっておく。
 
   野菜は少量の油でしんなりするまで炒めておく。
   ワイン以外の全てを混ぜ合わせ、トマトピューレを入れて、小麦粉を入れて小麦粉の
   粉っぽさを飛ばしルーとしての役割をさせるためにしばらく炒める。ネトっと
   してきたらオッケー。

煮込み段階:フォンドヴォー800cc、塩
 
○ 煮沸してアルコールを飛ばし、漉したワインを注ぎフォンドヴォ-をくわえて
   煮込む。アクをこまめにとる。油も出てくるので出来ればとる。
   2時間半ほど煮込み、肉に火を通す。肉に火が通ったら肉だけ取り出して
   おき、ソースを漉して煮詰める。漉し器を使って、野菜をしっかり潰しこむよう
   にしてきちんと旨味を出す。
   最後にバターを少し入れて混ぜる。このときは沸騰させない程度に火をかける。
  

○ 添えるマッシュポテトを作る。
   じゃがいもを大玉3つ皮をむき、4cm四方に切り茹でる。火が通ったら
   お湯を捨て、また火にかけながらへらで細かく潰す。
   火にかけながらだから急いでね。
   バターをひとかけくわえて混ぜる。ベチャっとしないためにも手早く。
   牛乳を少しずつ注ぎ、サーっと混ぜる。
   最後に塩で味を調えておく。
マッシュポテトとの相性は抜群。

トマトリゾットはメンドイので明日書くw

カナーリ忙しい合間の二日間で作ったのでかなり疲れたが、とても美味しく評判
も良かった。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:06

レシピ13

名前:ミッチ投稿日:2004/10/26(火) 00:14

今日はパスタ。
職場で手に入れたバジルとオオバ、買っておいた松の実とパルミジャーノ
アンチョビ、ニンニク、唐辛子でジェノヴェーゼパスタを作った。

材料:二人分

ニンニク一カケ、バジルの葉30枚ほど。オオバ10枚、松の実50g
つぶしたアンチョビ一枚、オリーブオイル大さじ2杯
下ろしたパルミジャーノ25gをミキサーにかけ混ぜる。

ペースト出来上がり。
塩で味を調える。

スライスしたニンニクを唐辛子と一緒にオリーブオイルで煮る。
じっくり香を移し、唐辛子は色が黒っぽくなったら取り出す。
松の実も丸ごと入れて、少し火を通しておく。
オイルは置いておく。

パスタ(平たいヤツ。タリアテレを使った。その方が絡みやすい)
を塩気を効かせてゆでる。3%ぐらいの塩ね。

茹で汁を少し取っておく。
茹で汁を先ほどのニンニクオイルに入れて、煮立たせて、少し乳化
させておく。
作ったバジルペーストをオイルに入れて茹で上がったパスタを入れて、よく混ぜる。
混ぜるとき、下ろしたパルミジャーノで風味付けしておく。

出来上がり。
野菜が高いので載せなかったけど、さいの目にカットしたトマトが合うので
トッピングしたい。
あと、ドライトマト作って乗せても美味しい。

塩加減で味が決まるなぁ。
最初の茹で汁で調節することと、茹で汁の塩加減をしっかりつけておく
こと。
パルミジャーノとアンチョビの塩分も計算に入れておくこと。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:05

レシピ12

名前:ミッチ投稿日:2004/07/06(火) 17:00
大したものが家に無かったので、適当にリゾット作りました。

こぐま風 韃靼そばの実と粟のリゾット:2人前

スープ750ml:マギーブイヨン+鶏がらスープ+ブーケガルニ

お米1合、韃靼そばの実大匙2杯、粟大匙似2杯
にんにく3カケ玉ねぎ半分みじん切り、オリーブオイル、バター
ブランデー少々、おろしパルミジャーノ少々

スープを作っておく。塩味少しついてるから、薄めに多く。

にんにくと玉ねぎをオリーブオイルとバターで炒める。
少ししんなりしてきたらお米・そばの実・粟を入れる
お米が透明になるまで炒める。
ブランデーを少し入れて飛ばす。

いためたらスープを加えて軽く混ぜる。

煮立ってきたら蓋をしてしばらく待つ。
水分が飛んできたら、かき混ぜないようにしてフライパンをゆする。
またスープを足すことを繰り返す。

ゴハンが膨らんできて、かんだら少しパチっと歯ごたえがあるぐらいで火を止める。
パルミジャーノを混ぜてかき混ぜる。
しばらく鍋に入れておき、余熱で火を通す。

コツは頻繁にかき混ぜないこと、スープで味を調えるか、塩味をつけるか
ちゃんと決めておくこと。フツフツとあわ立つように煮ること。

熱々を食べましょう。とりあえず激ウマでした。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:02

レシピ11

名前:ミッチ投稿日:2004/06/16(水) 23:15

石垣のじいちゃんからお魚が届いたので、アクアパッツァこぐま風を
作ってみました。
台風の影響か何かわかんないけど、でっかい鯛(50cmほど。デカ)
が何匹も網にかかってたそうな。ウレスイ♪

というわけで
アクアパッツァこぐま風(5人前)

材料:鯛デカ。にんにく2玉(4玉ぐらいいった方がいいかも)
    玉ねぎ2玉、トマト小さくて甘みがあるの30個、
    ジャガイモ4個、アサリ200g
   ハーブ:ローズマリー5本生、タイムドライ小さじ2、
ブーケガルニ:クローブ4本、ローリエ2枚、ブラックペパー5粒、キャラウェイシード10粒
      セロリ半分

味付け:岩塩二つまみ大
     白ワイン500ml
まずアサリを白ワインで蒸、出汁と分けておいておく。
鯛はちょっと血抜きのために流水に一時間ほどさらしておく。
血合いをキレイに取る。

大きめに切った玉ねぎと潰したにんにくをオリーブオイルで炒め、
甘みを引き出しておく。
次に3cm角に切ったジャガイモ、半分ずつに切ったトマトを並べて置く。
骨ごと半分に切った鯛の身に切れ目をいれ、ローズマリーとタイムを押し入れておく。
ブーケガルニを入れる。

白ワインを全体にまぶし、身が水に浸るぐらいの水で埋める。
強火で沸騰させ、沸騰させたらことこと弱火で煮る。
最初のアクはしっかりとっておく。
30分ほど火を通したら、岩塩を加える。
更に20分煮る。
ジャガイモに火が通ったら出来上がり。

食べる直前にヴァージンオリーブオイルをかけて、頂きます♪
バゲットににんにくを刷り込み、オーブンで焼いたものを添えると最高。

かなり美味かった。うーん、最高。
じいちゃんサンキュー。
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:01

レシピ10

名前:ミッチ投稿日:2004/05/10(月) 03:38
久々にカレーを作ったのでレシピ残しとく。
適当に味をあわせたのでメモっておかないと・・・。

マトンカレー:4人分
材料
たまねぎ2玉、マトン。。が無かったのでラム750g
トマト大きいの1個 おろしにんにく・おろししょうが大匙3ずつ
ヨーグルト大匙山盛り3杯

スタータースパイス
ローリエ2枚 コリアンダーシード小さじ1 グリーン・ブラックカルダモン5粒
ブラックペッパー5粒 クミンシード大匙1 クローブ5粒 シナモン一本

ミックススパイス
クミン・ターメリック・チリパウダー・カイエンヌペッパー・パプリカ・コリアンダー・クミンシード
それぞれ大匙1混ぜておく。結構あるので多めに作って次回に備える。

作り方
マトンを準備する。マトンの脂身を出来るだけ取る。ラムでも乳臭いので、
それがイヤだとしっかりとる。筋も出来るだけ切ってのぞく。
適当な大きさに切り、にんにくのすりおろしとヨーグルトとを混ぜて、一時間ほど
漬けておく。臭みがかなり取れるじょ。

たまねぎを摩り下ろし、トマトを賽の目にカットしておく。
スタータースパイスをサラダオイルで熱し、香りを出す。
おろしにんにくとしょうがを加えて軽く炒め、風味を引き出す。

たまねぎを入れて炒める。色が狐色まで行かなくても、なめて
甘みが出てきて、辛味がなくなってたらミックススパイスを入れる。
しばらく炒めてとろみが出たらカットトマトを入れる。炒めて水分が
出てきたら漬けておいた肉と液をすべて入れる。

炒めて肉の色が変わってきたらチキンブイヨンをいれ、肉がひたひた
になるようにする。

一時間ほどじっくり煮込み、あくが出たらそのつど取る。苦味になっちゃうので。

仕上げにミックススパイスと市販のガラムマサラを小さじ1ずつ入れて、
軽く煮立たせる。

できあがり。こんな感じだったかな?
[PR]
by okikenkai | 2004-12-31 02:00